2020年5月30日

“ひとすじ” って言います。

こんにちは! 茨城県水戸市の笑顔のリフォーム専門店、エスアールの浅野です。
本日は、木製雨戸枠の交換工事をご覧いただきます。
築40~50年前の建物には、アルミサッシは採用されていますが
雨戸の枠が木製で出来ている場合が多く存在します。
これを『ひとすじ』と俗に言うのですが、雨風に晒されるため
長年の間にボロボロになってしまいます。
直すための方法は基本的に2つ。
「後付け雨戸」といわれるアルミ製に枠ごと変えるか、同じように
木製で修繕するかです。勿論、アルミ製に変えれば一番良いのですが
既存で雨戸が付いている場合、どうしても工事の項目が増えてしまいます。
今回のお客様は納まりにも問題があるため、“ひとすじ”の補修を
行うことにしました。



遠くから全体を見るとよく分かりませんが、近づいてみると…

敷居は腐って割れてしまっています。水を吸った縦枠も30㎝程度同じ状態。
かなりひどい状態で、これでは雨戸も閉まりません。
今回は戸袋を壊さないで敷居と縦枠を交換します。
先ずは解体。
雨がまわって、下地の一部まで腐食しています
































慎重に敷居と縦枠を解体すると、防水処理がされていないため
下地の一部も傷んでいます。このころの建物には多く見られる
状態です。下地の痛みは一部のため、今回はそのまま使用します。

新しい敷居は外部にも適する「ひのき材」を使用します。
特殊な電動工具で、雨戸用の溝を既存に合わせて加工していきます。
更にジョイント部も加工してこんな感じになりました。
細かく採寸して、ピッタリ合うように大工さんが加工


















取付けると…


















キレイに納まりました。戸袋側は雨水が抜けるように
今までなかった“水抜き”加工も施しました。














次に縦枠を取付て、塗装を施し完成。




あれだけ傷んでいた“ひとすじ”も元の姿に戻りました。

























お客様にも「よみがえった!」と、とても喜んで頂けました。
同じような状態になっている方、一度ご相談ください。
これからの季節、雨戸が必須になりますので。


2020年5月27日

ビルトインガスコンロの交換

 茨城県水戸市の笑顔のリフォーム専門店、エスアールの飯田です。 

システムキッチンに組み込まれているビルトインのガスコンロ。
これを新しいものに交換するのは無理だろうと思っていませんか?

今回はシステムキッチンのビルトインガスコンロを
IHヒーターへ交換した工事事例をご紹介します。


長い間使用してきたガスコンロは着火に波があり、非常にストレスを感じながら毎回使用しているというお客様からのご依頼。経年劣化からの作動不良を機に、IHヒーターに交換することを決断しました。

今回はガスコンロと同じサイズのIHヒーターを取り付けたので、キッチン自体には手を加えずに電気配線の工事のみで設置が可能でした。

既存のガスコンロを撤去

ブレーカーの配線増設工事

IHヒーター用の配線設置

IHヒーターの取付












ガスコンロをIHヒーターへ交換するだけでスッキリとした印象のキッチンになりました。
お客様は勤務先で既にIHヒーターを使用しているので、スムーズに利用を開始されていました(^^)悩まされていたストレスからも解放され快適な生活を過ごしています。

2020年5月25日

コロナ対策②

こんにちは! 茨城県水戸市の笑顔のリフォーム専門店、エスアールの明平です。


ネット上で話題になった「手を洗いたくなるシール」をキングジム公式サイトからダウンロードして会社のドアノブや取っ手に貼ってみました!


ばい菌のイラストが可愛いですが、一瞬手をつけるのをためらう気持ちになります(笑)







新型コロナウイルスの予防として視覚的に手洗いを促し対策をしております('ω')